姫路港年表

太古 「思賀麻江」と称していた。
西暦985年 「飾磨津」と改称。この後播州地方の要港となる。
弘化 3年(1846) 飾磨の「湛保」が築港される。
明治16年(1883) 大阪〜飾磨、網干〜室津の定期船が就航する。
明治21年(1888) 家島航路(郵便船)ができる。
明治22年(1889) 港名を「飾磨港」と改める。
昭和 6年(1931) 主要港湾に編入される。
昭和10年(1935) 第2種重要港湾に指定される。
昭和12年(1937) 広畑港の築港が開始される。(〜20年)
昭和17年(1942) 家島汽船航路が開設される。
昭和25年(1950) 港湾法が制定される。
昭和26年(1951) 飾磨港、広畑港、網干港を包含し、姫路港として重要港湾に指定される。
昭和28年(1953) 兵庫県が姫路港の港湾管理者となる。
昭和33年(1958) 通産省の工鉱業整備地帯として播磨地区が指定される。
昭和34年(1959) 関税法に基づき飾磨・広畑港区が開港に指定される。
昭和34年(1959) 姫路港港湾計画(新規)を策定する。
昭和37年(1962) 植物検疫法により西部工業港区が輸入特定港に指定されるとともに築港に着手する。
昭和38年(1963) 港湾区域が拡大され八木・福泊・的形・大塩を包括する。
昭和38年(1963) 港則法による特定港に指定される。
昭和39年(1964) 播磨臨海部が播磨工業整備特別地域に指定される。
昭和40年(1965) 木材港が完成し、又、西部・東部工業港区が開港される。
昭和42年(1967) 特定重要港湾に指定される。(白浜、東部工業、飾磨、広畑、網干、西部工業港区)
昭和42年(1967) 植物防疫港に指定される。
昭和49年(1974) 東部工業港区のシーバースの供用を開始する。
昭和50年(1975) ポートセンタービルが完成する。
昭和51年(1976) 東部工業港区のLNG基地工事に着手する。
昭和62年(1987) 飾磨臨海大橋が完成する。
昭和63年(1988) 姫路ポートルネッサンス21構想が決まる。
平成元年(1989) 旅客ターミナル、飾磨津臨港公園が完成する。
平成 2年(1990) 指定検疫物の輸入港に指定される。
平成 3年(1991) 「福泊マリーンベルト」がオープンする。
平成 4年(1992) 妻鹿漁港が完成する。
平成 4年(1992) 飾磨最古の近代的燈台が復元される。
平成 8年(1996) 「姫路港ポートセールス推進協議会」が設立される。
平成12年(2000) 姫路みなとドーム(マリンブレス)がオープンする。
平成15年(2003) 国土交通省より「リサイクルポート」として指定される。
平成21年(2009) 関税法に基づく開港から50年を迎える。
平成23年(2011) 姫路港と家島諸島を結ぶ定期旅客船発着係留施設の集約とバリアフリー化した浮桟橋を整備する。
平成25年(2013)

「姫路みなとミュージアム」が姫路ポートセンター内にオープンする。
姫路港を中心とする地区が「みなとオアシス姫路」に登録される。